人と人との繋がりを大切に

年々増加する高齢者

介護

最近では超高齢化社会が目前となっていて、介護事業は年々増加しています。また、最近ではフランチャイズ化が進んでおり、初めて経営をする方でもキチンと教育をしてくれます。

More...

加盟して介護に参入

食事

日本の人口は減少をする一方で、子供は年々減ってきています。また、その一方高齢者は増えてきていて介護のフランチャイズ化が進んできています。また、フランチャイズ化する時にはフランチャイズ加盟に入らなくてはなりません。

More...

体験入居でお試し

夫婦

高齢化社会が進んで来たことで、近年では老人ホームが増えてきました。また、入居する高齢者の方も増加傾向にあり、最近では初めての入居の方のために老人ホームの体験入居も行われています。

More...

需要高まる介護

とてもよい環境で暮らすことができます。有料老人ホームを利用して、快適な暮らしを実感してみて下さい。とても便利な生活が送れます。

フランチャイズで開業

ふりあい

現在の日本は、超高齢化社会となっています。国民の四人に一人は、高齢者です。そのため、高齢者向けの有料老人ホームやビジネスは、今後需要が高まる一方です。その介護の分野で、フランチャイズで開業する人が増えてきました。フランチャイズでは、本社の知名度や技術、営業方法などを研修で教えてもらえ、短期間で開業でき、倒産のリスクが少ないことがメリットです。介護は、経験や技術の必要な分野ですので、本社のノウハウを習得できるのは、非常に有利となります。フランチャイズにおいては、顧客を集めることと、従業員を集めることが重要になってきます。介護の分野では、介護サービスを受けたい高齢者や家族は増える一方ですので、顧客集めに関しては、苦労はないといえるでしょう。

介護業界の問題点と現状

問題は、従業員を集めることです。介護の知識と経験のある従業員を必要人数集め、働き続けてもらうことは、非常に困難です。介護の分野の仕事は重労働で、精神的にも大変な仕事にも関わらず、給与が低いからです。それは、介護の必要な高齢者や家族に対する補助やサポートが不足しているため、高額な利用料金を利用者に請求できないことなどが原因です。したがって、現在の状況では、施設を開いて、高齢者に居住してもらう形式のフランチャイズを開業するのは、難しいといえるでしょう。短時間の利用(デイサービス)や、訪問式・配達式のサービスのほうが、開業はしやすいかもしれません。訪問式では、高齢者の家庭を訪問し、介護や鍼灸等のサービスを行い、配達では、介護食などを調理して配達するサービスです。

TOP